加齢に伴う精神的な衰え

OHT98_rakutannochinpan_TP_V.jpg
加齢に伴う精神的なこと
高齢になるにつれて表面に出てくる外面的な身体的変化があります。
例えば白髪、薄毛、シワ、シミ、タルミが目立つようになります。

表面ではわからない内面的な身体的変化もあります。
乾燥肌、頻尿、残尿感、老眼、飛蚊症、とかです。
筋肉の衰えなんかもこれに入ります。

精神的な衰えなんかもあるような気がします。
肉体的な変化(衰弱)は精神的にも多大な影響を与えるのではないでしょうか。
外面的変化より内面的変化のほうが精神的な影響は大きいと思います。

その意味で高齢者は加齢に伴って精神的に弱くなっている気がします。
若かった時より打たれ弱くなった気がします。若い頃はあまり感じなかったのですが、最近はどうも何かにつけて弱気になってしまうことが多くなったようです。
ちょっと強いことを言われると凹んでしまう、とかありませんか?

自分で年齢を考えてしまうので、表には出しませんが。
傍から見ると年を経るにつれて落ち着くとか、精神的に強くなるイメージがあると思います。

年齢というものは態度をある程度左右すると思いますし、経験によりその弱さをカバーできる術もある程度身につけています。あるいは反応が鈍くなっているのでそう見えるのかもしれません。

世の奥様方、老人男性は精神的に弱いのです。すぐに凹んでしまうのです。すこし優しい言葉を投げ掛けてあげてください。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック